<< 巣籠もり傾向? 区切り main 区切り 夜のドライブ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

産みごろですよ〜

昨日から39週目に入り、今日は妊婦健診だった。
初めての女医さんだったのだけれど、
若く明るくノリ良く頼もしく、面白い先生だった。

「あ、もうだいぶやわらかくなってきてますね〜。
子宮口自体は2センチくらいしか開いてないですが
やわらかさはいい感じです。
赤ちゃんも先週からそんなに大きくなっていないようですし
うん、まさに

産みごろ

ですね!今週中に産んじゃうくらいの感じで
雑巾がけとかがんばってくださいね〜」

産みごろ…(笑)。
そ、そうか、産みごろか…(笑)。

長男の時も既に高齢で初産だったから、安定期から通して
毎日ビデオを観ながらマタニティヨガをやっていた。
予定日近くになってからは、マタニティビクスもやったし
入浴後にヒンズースクワットやおっぱいマッサージもした。
もちろんラズベリーリーフティも飲んだ。

でも今回は、長男もいたしシッカリ年齢重ねた分か
体力的にきつかったり、長男の時はまったくなかった悪阻があったりして
マタニティヨガがほとんどできなかった。
中期以降になって転居(同居)も落ち着き、そろそろまた…
と思い始めた矢先の健診で続けて蛋白が出てしまったために
「疲れや負担が増えているようですので安静に」と言われてしまったから
ヨガは断念。
正期産に入ってから始めよう!と思っていたものの、なんかねー、
どうも違う感じがしてね…浴槽でヒンズースクワット、っていうのは
できるときはやってるし、ラズベリーリーフティも好きで飲んでるんだけど
今回はどうも

とにかく流れを待っててよ

と言われている感じがして。
誘発剤の使用は根本的に避けたいなとは思っているけれど、
それも含めて『まかせてほしいなぁ』と言われているような
そんな気がして。
今度の産婦人科は長男の時の病院とは違って、ケアもサービスもいいし
腕も確かなようだし、地元に古くからあるところで
促進剤等々に関してもキャリアがあるらしく
私自身二度目ということも手伝って安心しているから余計かな。

何があるのかわからないのが、出産。
基本的に母子共に命がけだと思うのはきっと何度経験しても
変わることはない危機感だと思う。
ズボラでいい加減な母だけど、そういうところはシビアな考え方を
いつも持っていたい。
でも、だからといって過剰に神経質になってはいけない。
そこらへん微妙なさじ加減が必要だなと思う。

妊娠期間が進むにつれ『きっとこの子は水中出産が良かったのかもな』
と感じることが多くなった。でも近隣にそういう施設はないし、
私の年齢を考えると帝王切開に随時切り替えが可能なところでないと
周囲も不安がるだろう。

出産は、そのスタイルも時期も胎児が決める(導く)という価値観を
私は支持するけれども、それは、母や周囲の気持ちを鑑みた上で
最終的に胎児が判断するということなんじゃないだろうか、
などと思っている。

だから、私が信頼できる医療機関を選ばせてもらった分、
時期と方法は娘に任せるのがベストのような気がしている。
まぁ、単純に長男のときより動けない感覚が強くて
言い訳なんじゃないの〜?と我ながら思ったりもするんですが。

何はともあれ、出来る範囲のことをしている日々です。


ふたりめ妊娠 区切り 13:22 区切り - 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 13:22 区切り - 区切り - 区切り